株価をあやつる ラインの力

ゴールデンクロス と デッドクロス

スポンサードリンク

短期と長期 2本の移動平均線のクロスのしかたで株価をよみます


短期移動平均線が 長期移動平均線を 下から上に突き抜けるときのクロスを

ゴールデンクロスとよび 株価上昇のサインといわれています

逆に 

短期移動平均線が 長期移動平均線を 上から下に突き抜けるときのクロスを

デッドクロスとよび 株価下落のサインといわれています


また ただクロスしていればなんでも良いというわけではなく 

2本がそろって上昇のときは 上向きのサイン (ゴールデンクロス)

2本がそろって下降のときは 下向きのサイン (デッドクロス)     として有効です


ネット証券に口座を開設してあれば 

いつでも簡単に株価(株式)チャートを見ることができます

どんな株初心者でも 2本の移動平均線がひと目でわかります

これは 株式投資ではごく一般的に使われているサインです

ネット株式投資初心者でも 簡単に読みとれるサインですので 覚えておきましょう 


ただ実際の株式投資では いつでもサインどおりに動くわけではなく クロスしたあと

すぐに元に戻ってしまうこともあります

たとえば株式市場全体が大きく下げているとき ゴールデンクロスができたからといって

それだけで 株式市場全体のながれに逆らって株価が上昇するのはむづかしいです

また日足チャートでゴールデンクロスができていても 

週足チャートや月足チャートを見てみたら 株価が下降を続けていたとか

デッドクロス形成寸前だったということもあり そんなときは

いくらゴールデンクロスができていても 

株価がどんどん上値を追っていくというのはむづかしいです

このようなサインはたくさんありますので ひとつだけで判断せず 

いくつかをあわせてみるようにするとよいでしょう

2006年08月02日 13:49