絵で見る  売りのタイミング

もみあい 下ばなれ

スポンサードリンク

売り!もみあい下ばなれ
株式投資初心者


◆ 三角もちあい ってなあに?

三角保ち合い とも言うこともあります

株価(株式)チャートを見ると ローソク足が三角形になっていることがあります

株価(株式)チャートを見やすくするために 補助ラインを引いてみましょう

高値同士を結んだラインと 安値を同士を結んだラインを引きます 

いずれ2本のラインがクロスして 三角形ができると思います


このように だんだんに値幅を小さくしながら 決まった範囲で株価が上下を繰り返し 

三角形を形成していくことをを 三角もちあい(保ち合い)といいます


◆ 三角もちあいの後の 下ばなれは売りのタイミング

三角もちあい(保ち合い)の値幅が小さくなり 三角の頂点付近まで来ると

株価は 上か下のどちらかに動き出すことが多いです

上がると思って 持っていた株が 三角もちあいのすえ

下値を結んだライン(下値支持線)を下に抜け 大きく下降してしまったら 

株価はその後も下降し続けることが多いですから 売りのタイミングと考えます


◆ 損切り が大切

株は 株価が上がると思って 買ったり 保有を続けているのですから 

予想に反して株価が下がってしまったら 持ち続ける意味がなくなったということです

こんな時は 株をいったん売ってしまい 

新たな気持ちで 次の有望株探しに力を注いだほうが 未来が開けてきます

悩んでいたり 少し様子を見ようなどと売らずにいると 

株価がさらに下がったときに売るに売れず 塩漬け株を作ってしまうことになります


株を買った時点で 下がってしまった場合の 売りの計画を立てておきましょう

「買った株価より何パーセント安くなってしまったら 株を売り 損失を確定してしまう」

というように 自分なりに 損失の拡大を防ぐためのルールをつくっておきます

株で利益を出す為には 

この 「損切りルールを守ること」 はもっとも大切なこと のひとつですから 

ネット株式投資初心者のうちに しっかり身につけておくことをおすすめします

コレさえ上手にできれば 株で勝つための基本の力が身についた

といっても過言ではないと 個人的には思っています

2006年09月21日 18:35