絵で見る  買いのタイミング

上昇トレンドの 押し目買い

スポンサードリンク

買い!押し目
株式投資初心者


◆ まずは上昇トレンドの株を見つけてください

上昇トレンドとは 株価のおおまかな動きが上昇を続けていることです

株価は日々上下していますが 大きな目(長い目)で見て上昇基調にあるということです


チャートの移動平均線を見てください 移動平均線が右肩上がりなら上昇トレンドです

まず 日足チャートを見るのが一般的だと思いますが 

日足チャートが右肩上がりだからといって ここで安心して終わりにしないでください

もっと長期でのトレンドを確認して下さい 週足チャートや月足チャートもチェックしましょう


なぜかというと 日足チャートでは上昇トレンドを描いていても 

週足チャートを見てみたら下降トレンドだった ということもあるからです

長期保有しようと思ったら月足チャートも見るべきでしょうが 

まずは日足と週足のチャートをチェックすれば良いでしょう


どちらも 移動平均線が上向きであり続けていれば 

まずその会社の株価はある程度安定していると考えて良いと思います

上下を繰り返しながらも 持ち続ければ株価は上昇を続けているのですから 

ネット株式投資の初心者にも比較的安心ですね


ネット株初心者がうっかりしやすい点でもありますので ご注意ください

実際にいくつかの会社の株の 日足と週足のチャートを見比べてみるとよくわかります

ネット株式投資の初心者でも すぐに 「なるほど」 と思ってもらえると思います


◆ 押し目買い ってなあに? 

上昇トレンドで 長期の移動平均線の上に 短期の移動平均線があり 

さらに 株価(ローソク足)が 短期の移動平均線を下回ることなくその上のあるようなら

文句なしの 理想の上昇トレンドです


このとき株価(ローソク足)は 移動平均線の上で ジグザグというか ピョンピョンというか

上下を繰り返していると思います

この場合 この下がったときを 「押し目」 といい 

ここを狙って株を買うことを 「押し目買い」といいます


株は 「安く買って高く売る」 この基本にそった買い方といえます

ネット株式投資初心者にもわかりやすく 比較的安心な買い方といえるでしょう


◆ 気をつけること

押し目で買ったつもりが 株を買ったとたんに予想に反して株価が下がり

今まで移動平均線を下回ったことがないのに 

移動平均線を割り込んで株価が下がってしまったという場合は キケンです

今までの上昇トレンドが崩れてしまった可能性を考えなくてはいけません

その会社の悪いニュースがでていないか確認してみましょう

業績の下方修正とか 大きな悪材料がでた場合は しばらく下げ続けてしまうことが多い

ので たとえ買ったばかりでも損切りしたほうが無難です


ただし それまでサポートラインとなっていた短期移動平均線を下回っても 

その下にある 長期移動平均線が次のサポートラインとなってくれる場合もあります

ネット株式投資では こんなときの見極めや決断が 利益をきめることになります


株価が下がっているとき それが単なる押し目なのか 本格的な下げの始まりなのかを

見きわめるために チャートを役立てましょう


下がり続ける株を 何の根拠も無く 「また あがってくるだろう」 と指をくわえて見ている 

ということだけはしてはいけません


ネット株初心者でも      

「買ったときより株価が何パーセント下がったら損切りする」 といった自分なりのルール

を決めて きちんと守ることが 大切な資産を守り増やしていく為には とても重要です


 

2006年09月20日 16:32