絵で見る  買いのタイミング

もみあい うわばなれ (上値抵抗線突破!) 

スポンサードリンク

買いサイン もみあい上ばなれ
株式投資初心者


◆ もみあい ってなあに?

もみあいとは 株価が一定の範囲内で上下を繰り返している状態のことです

株価がもみ合っている会社の株価(株式)チャートをみつけたら

株価(株式)チャートを見やすくするために 補助ラインを引いてみましょう

高値同士を結んだラインと 下値同士を結んだラインをそれぞれ引いてみます

高値同士を結んだラインが上値抵抗線 下値同士を結んだラインが下値支持線

となって 株価はその間を行ったりきたりしています


◆ 株価が上ばなれた ということは

株価がこのどちらかのラインをぬけていくと 

株価はもみあいをやめ 上下どちらかに動き出すことが多いです


ですので 上値抵抗線を上ぬけて株価が上に向かって動き出したら

株価上昇開始のサインとなります


株を売りたい人と 株を買いたい人の 綱引き状態だったバランスが崩れ 

売りたい人は皆株を売ってしまい 株を買いたい人の数が大きく上回ったということです

この時点で売りの力は弱くなり 買いの需要が多くなったのですから株価はあがります


◆ だましに注意

ただし サインがだましに終わり 

株価が少しあげた後すぐに下げてしまうということもこともありますので

株価の動きには注意していましょう


だましとは 誰かがどこかでだましているという意味ではなく 

株価(株式)チャートで買いや売りのサインがでたにもかかわらず 

サインの示す方向に動かなかった場合に使われる言葉です


このパターン(もみあい上ばなれ)に限らず 株価(株式)チャートによるサインでは 

常に だましに注意しなくてはいけません

だましだった場合 失望売りがでて株価が大きく下げてしまうことも少なくありません


特殊注文が出来る証券会社に口座を持っていれば

W指値や 逆指値の予約注文を入れておくことができますので こんなとき安心です

2006年09月20日 14:42