絵で見る  買いのタイミング

三角もちあい 上ばなれ

スポンサードリンク

買い!三角もちあい

三角
株式投資初心者


◆ 三角もちあい ってなあに?

三角保ち合い ということもあります

株価(株式)チャートを見たときに ローソク足が三角形になっていることがあります

株価(株式)チャートを見やすくするため 補助ラインを引いてみましょう

高値同士を結んだラインと 安値を同士を結んだラインをひくと 

いずれ2本のラインがクロスし 三角形ができるのがわかります


このように だんだんに値幅を小さくしながら 決まった範囲で株価が上下をくりかえし 

三角形を形成している場合を三角もちあいといいます


◆ 三角にもいろいろありますが

上の絵のように 三角にもいろいろな 大きさ、かたち、向き があります

特に上昇しやすいのは 3つ並んだ絵のいちばん左のパターンです

上値を結んだラインが水平で 下値を結んだラインが 右肩上がりの場合です


私の経験でも 三角もちあいの中ではこのパターンは株価が上がる確率が高く 

上がりだしたときの勢いも気持ちよく 安心して見ていられることが多いです

ネット株式投資の初心者が はじめて三角もちあいの株を買ってみるなら 

このパターンの株をおすすめします


◆ 三角もちあいの後の 上ばなれは買いのチャンス

三角もちあい(保ち合い)の値幅が小さくなり 三角の頂点付近まで来ると

株価は 上か下のどちらかに動き出すことが多いです

上値抵抗線を抜け 大きく上昇し始めたら 株価は上昇し始めることが多いですから

買いの良いタイミングとなるでしょう


ネット株式投資初心者は 出来高や 移動平均線の向きやクロスにも 目をやり

だましにも注意しながら 上手にタイミングをつかんでください


 

2006年09月20日 13:19