株式チャートってなあに?

窓ってなあに? (窓をあける・窓をうめる)

スポンサードリンク

ローソク足の間にできた 空白のことです  株価が大きく動きだすサインでもあります。株初心者さんにもわかりやすいチャートサインのひとつです

窓あけ

◆◆ 窓があく(窓をあける) とは? ◆◆

ローソク足は となりどうしが少しづつ重なりながら動いていくことが多いですが

ときどき 株価がとんで 空白ができることがあります

これを 「窓」 と呼び 「窓があく」 「窓をあける」 といいます 


株価(株式)チャートで 

ローソク足が窓をあけるということは 株価がごく短期に大きく動いたという事です

買い(売り)注文が殺到して なかなか値がつかず 

前日終値からかけ離れた株価でようやく取引が成立した場合 チャートに窓があきます

窓があくほどの大きなニュースがでて  株価に勢いがついているということです 

窓あけは 株価上昇(下降)開始の 大きなサインです

このとき出来高にも注目してください 

窓をあけて上昇したとき 出来高も急増していれば

株価上昇開始のサインとして 信憑性が高いです

株価(株式)チャートを 実際に見てみるなら 日足チャートが見やすいです


◆◆ 窓埋め ◆◆

窓をあけたあとには 株価がいきおいをつけてぐんぐんあがる(下がる)ことがあります

ほんとうに強い(弱い)動きといえます よほど大きな株価材料(ニュース)がでたのでしょう


しかし いったん窓をあけても株価が折り返して戻してしまうこともあります

そんなときは 株価は開けた窓をうめるまで戻すことが多いです


窓をあけて株価が上がり 少し上がったところで 株価が下げに転じてしまったら 

株価は 窓をあける前の株価 まで下がりやすいということです

株価(株式)チャートに並んだ ローソク足で見ると わかりやすいです
 
株価材料が出て 直後は株価が大きく上がったけれど 

それほど大きな株価材料ではなかったため 

株価があがったところで利益確定のために売られてしまったということでしょうか

株式市場全体の動きが悪く マイナスの力にひきずられてしまったのかもしれません

(本当に強い動きをする時は株式市場の動きにも影響されずにあがるものです)


このように 窓をあけたあと株価がどう動くかで その株の強さがわかりますので

ネット株式投資初心者は そんな場面にであったら油断せず よく観察してください

株価が窓をあけて上がったあと反転してしまったら 

株式投資初心者は せっかく積み上げた利益を確実に取るため 

株価が下がって窓埋めする前の まだ利益が残っているうちに 

いったん利益確定売りをするのがよいかもしれません


2006年08月06日 16:52