株式チャートってなあに?

分足 日足 週足 月足 使い分け

スポンサードリンク

株式投資の期間によって どの株価(株式)チャートを見るのかは違います

よく 短期投資 中長期投資 長期投資 などの言葉で 

株式投資の期間を 分けて表現していますが はっきりとした定義はありません

おおまかには以下のような期間で分けている場合が多いです


  短期投資 ・・・ 数日間から数週間程度の株式投資

  中期投資 ・・・ 数ヶ月

  長期投資 ・・・ 一年以上

  超短期 (デイトレード ・ 日計り商い) ・・・ 1日 (その日のうちに 買って売る) 


株取引の売買タイミングは 株価(株式)チャートではかりますが このとき

短期投資の場合は 日足チャートを参考にし

長期投資なら 月足チャートをみます

超短期投資なら 5分足 1分足などの分足チャートやティックでタイミングをはかります 


◆◆ 株価(株式)チャートを見てみよう ◆◆


なぜ使い分けるのかは 株価(株式)チャートを 実際に見るとよくわかります 

ネット証券に口座開設してあり 株価(株式)チャートが見れるなら 

どこの会社でもかまいませんので 見比べてみてください


株価は 一本調子に動くのではなく 大小の波を作りながら動いています

この波の大きさは 月足チャートなら大きな波 日足チャートなら小さな波

さらに分足ならば もっと細かな波をみることができます


@ まず 日足チャートは 週足チャートや 月足チャートの

直近の一部分を 拡大したものだということが 見て取れると思います


A 次に 株価(株式)チャートの 向きを見くらべてみてください 

大まかに上向きか下向きかだけでいいです

はじめに日足チャートを見て 向きを確認し 

つづけて同じ会社の 週足チャート ・ 月足チャートの向きを見てみてください

日足チャートとは逆向きのときがあります

わかりづらければ いくつかの会社の株価(株式)チャートで 確かめてみてください


一般的には 株価が上向きに動きだしたら株を買い 下向きに動き出したら株を売ります

このことから 同じ株を同じ日に買うとしても 

短期投資なら売りのタイミングだけど 中・長期投資で考えるなら買いのタイミング

ということもあるのがわかると思います


ネット株式投資初心者は 短期投資なら日足チャート 長期投資なら月足チャート・・と、 

株価(株式)チャートは株式投資の期間にあったものを見ることが大切と覚えておきましょう

それともうひとつ、

株式投資初心者の銘柄選びの時には、

短期投資でも 短期のチャートだけしか見ないのではなく

長期のチャートも見て、右肩上がり(業績好調・上昇トレンド) の会社を選びましょう
初心者に限らず 株式投資の危険回避にはとても大事なことです

  

2006年08月01日 16:12