株式チャートってなあに?

ネット株式投資初心者のための 株式(株価)チャートの基礎についての説明です

.

   ■■ まったくの初心者でも 「絵でわかる株式チャート」 の見かた ■■

@-株式チャートってなあに? ←今はココにいます
A-株価をあやつるラインの力
B-絵で見る買いのタイミング
C-絵で見る売りのタイミング
の順番で見ていただければ、株式チャートについて初心者の方にもわかっていただけると思います
★↓下記タイトルごとに【⇒詳細へ】からご覧下さい

まずは チャートの基礎から知りましょう

チャートってなあに?

株価のデータを集約し 過去の動きをわかりやすくあらわしたグラフのことです。
株価チャートは 将来の株価を予測したり 売買タイミングをつかむのに欠かせません

ローソク足 ってなあに?

株価の動きを 一本のローソクのような形で 表すことができます。
ネット株式投資で株価の動きをみるためのABCです。 株初心者はココから勉強しましょう

出来高ってなあに?

約定(売買が成立)した株取引の数のことです。 売買高ともいいます。
その株の注目度などが読みとれる ネット株式投資に欠かせないデータのひとつです

移動平均線ってなあに?

過去○日間の株価の平均値をだして結んだラインです。
クロスのしかたや ローソク足との位置関係で株価をよみます

分足 日足 週足 月足 使い分け

株式投資の期間によって どの株価(株式)チャートを見るのかは違います

トレンドってなあに?

株価の動きの大きな流れ おおまかな方向性のことです

乖離率(かいりりつ) と RSI

むづかしそうですが 簡単ですから ご安心ください。
株価が大きく上がったり下がったりしたあとに 戻すタイミングのひとつの目安となります  

窓ってなあに? (窓をあける・窓をうめる)

ローソク足の間にできた 空白のことです  株価が大きく動きだすサインでもあります。株初心者さんにもわかりやすいチャートサインのひとつです

チャートは 観察 しつづけよう!

チャンスを見逃さないために 株価(株式)チャートを観察しつづけよう。
勉強になります  必ず力になります