株ネコ日記

渡辺金融担当大臣 証券優遇税制の恒久化をうったえる

スポンサードリンク

金持ち優遇ではない! とくりかえしていたよ  本気でがんばれ!   ◇2007.11.05

朝6時からの経済ニュース(モーニングサテライト)の特集ページで

証券優遇税制の恒久化をうったえてたよ

http://www.tv-tokyo.co.jp/biz/ (←テレビ東京のニュースの動画が見られます)


いろんな統計が出されたりしてて それらをもとに多くの人が言ってることだけど 

株式投資をやっている個人投資家は 大金持ちが中心ではないんだ

正確な数字がわからなくて 申し訳ないんですけど・・・

たしか年収 300万〜400万とかの人がいちばん多くて

多くない収入から 頑張ってためたお金を株式投資に当てて 

なんとか増やそうと努力をしている っていう姿がうかびあがってきてるんだ


大金持ちの 余ったお金じゃなくて 

一般庶民が 自分や子供の将来のための大事なお金を株式投資にあてているんだ

こんな大事なお金を リスク承知で株式市場に投資しているんだから

高い税金を取るのはおかしい ってうったえていた

本当にそうだと思うよ


それに 株の利益にかかる税金が 20%に戻ったら

株をやめる、株式投資を控える ・・・って答えた人が50%もいるんだって!

まあ、そうだろうね     株初心者だって参入しづらいよね・・・

もし、証券優遇税制の廃止が決まったら 廃止前に株は売られて

一時的にかもしれないけど 株価は大きく下がるよね  そのあとだって 

個人投資家の50%が撤退したら 株式市場がもり下がっちゃうのが目に浮かぶよ・・・


サブプライムローンに政局不安・・・新興国人気におされて・・・なかなか元気が出ない

日本の株式市場に これ以上マイナスのニュースはいらないよ


株はいっそ非課税にしてほしい!  初心者もどんどん株式市場に参加できるように

渡辺金融担当大臣 ホントにがんばってください  


●ご参考● 

   渡辺内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要
   (平成19年10月2日(火) 10:46〜10:07 場所:金融庁会見室)

「豊かさ実感」、「貯蓄から投資への流れ」が、なぜ重要なのか?
今、損しても、数年後の日本の経済にどうしてプラスになるのか?

という問いに渡辺金融担当大臣が答えています    (ちょっとわかりにくいかも^^;)

http://www.fsa.go.jp/common/conference/minister/2007b/20071002.html
         参考URL  (金融庁のホームページです)

2007年11月05日 17:10