株ネコ日記

アメリカの住宅着工件数

スポンサードリンク

今夜発表だね 日本の株はアメリカの景気に左右されるから 要注意   ◇2007.3.20

アメリカの住宅着工件数が発表になるよ

23日には中古住宅販売指数 っていうのが発表になる

アメリカの住宅が売れてるかどうかは

消費者物価指数や鉱工業生産指数なんかと同じく 

景気がいいか悪いかの判断基準になっているんだ   みんなが注目しているよ


だいたい1〜2ヶ月前の数字が発表になるわけで 

その数字がそれまでと比べて悪くなってると 

「おっ景気悪くなってるの? やばっ それじゃあ 株売んなきゃ!」

ってみんなが思って 株がさがるんだよ

こういう数字を 経済指標 とかっていうんだけど 発表前にはみんな神経質になる

よく 様子見とかっていわれて株を買う人が減って 株価は動きづらかったり

ここらでいったん株売っておこうか って思われれば下がっちゃうんだよ

今日は春分の日を前に 引けにかけてもっと売り込まれるかと思ったけど

高く終わったね


あと最近よく聞く サブプライムローンってやつ

世界同時株安とかいって 株価がガタガタ下がったけど これも一因みたいだよね 

信用度の低い消費者むけの住宅ローン ・・・ 

あんまりしっかりした担保や仕事のない人たちが 

住宅ローンのお金返せなくなってるみたいだね

ほら、例の   〜元、元だよ もとFRB議長のグリーンスパンさんが

「信用度の低い消費者のローンの焦げ付きは 小さな問題ではない
 信用度の高いローンへの波及が懸念される」 

なんて言ったもんだから 大騒ぎになってたんだよ


アメリカでは 借金することは日本と比べるとずいぶん気軽みたいだよ

ただ、返せなくなれば 今度は個人消費がへって 更には景気が悪くなる

景気が悪くなるってことは 株は売られてしまうっていうことだから

みんなドキドキなんだね


ところでこのサブプライムローンっていうやつ

住宅ローン全体の 10%くらいなんだって

だからあんまり気にしなくて大丈夫って言う人もいるんだけどね

ぼくたち 株式投資の初心者には ちょっと判断むづかしすぎだね^^;


今夜は ネット株初心者のみなさんも 経済ニュース見てね

前回と比べてどうか とか 予想と比べてどうか に注目してねっ  では!

 


2007年03月20日 18:26