株式投資 格言集

ま行

スポンサードリンク

◆曲がり屋に向かえ

まったくツキがなく損ばかりしている人がいますが、その人が買えば売り、売れば買うという反対のことをすれば成功する確率が高くなるという格言です。

◆迷わば売れ

売り時が判断できず迷ってしまったときは売ってしまいましょうという格言です。
迷っている間にどんどん株価が下がってしまうかもしれません。利益が出ている間に売却して利益を確定させることも大事です。

◆見切り千両

自分の買った銘柄が全て思惑通り値上がりするとは限りません。
相場が下落してしまった時は、いつまでも持っているのではなくさらに値下がりして損失が拡大する前に素早く売ってしまいまう事が大切という格言です。

◆麦わら帽子は冬に買え

誰も買おうとしない株は安値圏にあるはずだから、そのときに買っておけばやがて注目をされて株価が上がるという格言です。

◆もうはまだなり、まだはもうなり

まだ上がるだろうと思っていると、すでに天井で売りのチャンスを逃したり、まだ下がるだろうと思っていたら底をついていて買いのチャンスを逃したりするのが株です。
根拠の無い期待で行動すると良い結果は得られないことが多いものです。

◆戻り待ちに戻りなし

思惑がはずれて株価が下がってしまったときに、買値に戻したところで売ろうと待っていても思うように戻らずにそのまま下げてしまうことが多いものです。期待したとおりの株価にはなかなかならないという格言です。

2006年07月18日 14:03