株式投資 格言集

た行

スポンサードリンク

たこの糸と相場の金は出しきるな

株式投資の資金に余裕を持たせておき 手もとに現金を持っておくことは株式投資のチャンスを逃さないために大切であるという格言です。
キャッシュポジションを高めておくことで 押し目買いや、株価材料が出た銘柄への迅速な投資が可能になる ということを説いた格言です。

卵は1つのカゴに盛るな

分散投資を行うことによりリスクを少なくすることを説いた格言です。
一つの銘柄に集中投資するのは、大きな利益を得る可能性もありますが、失敗したときは大きな損失となります。円高に対して相反する動きをする銘柄や、日経平均と連動したり、反対の動きをしたりする銘柄などを分散して持つことによりリスクは軽減できます。

◆天災は買い向かえ

自然災害などの被害にあった会社の株価ほとんどの場合下がりますが、会社の業績さえしっかりしていれば通常は株価は戻るものです。
この格言は、戻りを期待してむしろ下がった株を買いに出ろと説いているのです。

保ち合い放れにつけ

ある一定の幅で(ボックス圏)で上下している相場が、その幅を超えた場合は大幅に上昇する可能性が高いので買いという格言です。

◆つかぬはやめよ、迷ったら手仕舞え

誰でもツキから見放されて全てが裏目に出てしまうことがあるものです。そんなときは株取引を休むのが良いと説いている格言です。相場から一歩離れて冷静に観察していると、好機のタイミングが見えてくることがあります。


◆遠いものは避けよ

株初心者は自分の知っている業界の株やその会社の製品が身近にある株を買いましょう。
株式専門の新聞や雑誌で推奨されている銘柄に飛びつくと後悔することが多々あります。
自分の身近な株を自分で調べて買うことによって勉強になりますし、たとえ株価が下がっても後悔することは少なくなると思います。

◆天井三日、底百日

株価は、高値圏(天井)にある期間は短いけれど、底値の期間は長いという株の動きを表した格言です。


2006年07月18日 14:02