株式投資 用語集

スポンサードリンク

◆様子見(ようすみ)

取引を行わずに相場を観察し、売買のタイミングを見計らっていることです。

◆陽線(ようせん)

ローソク足の始め値より終値のほうが高い場合の形状で、白色で描かれます。

◆陽転(ようてん)

下落していた株が、上昇に転じたことをいいます。

反対語:陰転

◆夜放れ(よばなれ)

前日の終値よりも大きく離れた高値、または安値で寄り付くことをいいます。

◆寄り付き(よりつき)

一日の最初の売買のことをいいます。

◆弱気(よわき)

株価が下がると予想することをいいます。

◆弱含み(よわぶくみ)

相場に活気が無くなんとなく株価が下がりそうな状態をいいます。

2006年07月18日 13:46