株式投資 用語集

スポンサードリンク

◆ファンダメンタルズ分析

会社の成長性や財務状況などを調べてその会社の株価が割安か割高なのかを判断する方法です。

関連語:テクニカル分析

◆ファンド

銀行などが運用する投資信託のことをいいます。

◆風説の流布(ふうせつのるふ)

株価を意図的に変動させて利益を上げる目的で根拠のない情報を流すことです。
法律で禁止されています。

◆吹く(ふく)

株価が急騰していることをいいます。

◆復配(ふくはい)

配当を中止していた社が配当を再開することです。

◆含み益・含み損(ふくみえき・ふくみそん)

有価証券などで購入価格よりも時価が上がっている場合を「含み益」があるといい、時価が下がっている場合を「含み損」があるといいます。

ブックビルディング

IPO株(新規公開株)を売り出すときの株価を決める方法  需要予測方式ともいう

◆浮動株(ふどうかぶ)

株式市場で流通している株のことです。
親会社などの大株主が持っている株や会社との取引関係を円滑にしたいために金融機関などが大量に保有している株は市場に流通されずに長期保有されるため発行済み株式数からこれらの株を除いた株を浮動株といいます。

踏み上げ(ふみあげ

信用取引で株を空売りした後に、予想に反して株価が上がったときに損を拡大させないように買い戻すことです。

◆分散投資(ぶんさんとうし)

投資資金を株式、債券、外貨預金などに分散させることをいいます。リスクの分散を図ることができます。

2006年07月18日 13:37