株式投資 用語集

スポンサードリンク

◆低位株(ていいかぶ)

株式相場の平均的な価格に比べ安い水準にある株のことをいいます。

◆抵抗線(ていこうせん)

一定の範囲内で上下している株の上値を高値抵抗線、下値を下値抵抗線といいます。

◆デイトレード

一日で同じ銘柄の反対売買をおこなうことです。日計り商いともいいます。

ディフェンシブ銘柄

利益が景気の良し悪しに左右されにくい企業のことです。個々の銘柄というよりは 業種をさすことが多いです。

◆手掛り(てがかり)

株価が動く材料のことです。手掛りが無いことを「手掛り難」といいます。

◆出遅れ株(でおくれかぶ)

上昇相場のときに最初は買われずに後から買われ上昇する株のことです。

◆出来ず(できず)

取引が成立せず株価が付かないことをいいます。

◆出来高(できだか)

証券取引所でその日に取引が成立した株の総数をいいます。

◆テクニカル分析(てきうにかるぶんせき)

チャートを使い将来の株価の動向を予測することです。ローソク足、出来高、移動平均線、一目均衡表などのデータを分析します。

関連語:ファンダメンタル分析

◆デット・ファイナンス

社債や借り入れなどにより資金を調達することです。
増資や転換社債など新株発行を伴う資金調達をエクイティ・ファイナンスといいます。

◆手仕舞い(てじまい)

信用取引で、反対の売買を行い決済することをいいます。

◆手詰まり(てづまり)

上昇相場で、物色する銘柄が無くなり株価が動かなくなることです。

◆デットクロス

チャート上で短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下抜けたときの交差したところをいいます。株価下落合図の代表的なものとしてよく使われます。

◆手控え(てびかえ)

株価の動向がはっきりしないようなときに投資家全体がが売買を控えてしまうことです。

◆天井(てんじょう)

ある期間の株価が一番高いところです。

2006年07月14日 13:30