株式投資 用語集

スポンサードリンク

◆増額修正(ぞうがくしゅうせい)

会社が過去に発表した売上高や利益の予想を増額して修正することをいいます。上方修正ともいいます。

◆底入れ(そこいれ)

下落している株価がこれ以上は下げないだろうと思われるところで止まった状態をいいます。

◆底堅い(そこがたい)

株価の下降局面で、ある株価のレベルまでくると下げ渋る状態をいいます。

◆底値(そこね)

株がこれ以上は下げないだろうと思われる安値のことです。
「底値を付けた」などといいます。

◆損切り(そんきり)

買った株の価格が思惑をはずれ下がった時に、損を覚悟の上ですばやく売却することです。
損切りのタイミングを失い、価格が下落したまま保有し続ける株のことを「塩付け株」といい嫌われます。

2006年07月14日 13:25