株式投資 用語集

スポンサードリンク

◆地合い(じあい)

市場全体の状況をいいます。地合いが良いと株価は上がり易く、地合いが悪いと株価は上がり難くなります。

◆塩付け(しおづけ)

買った株の株価が購入価格を下回ってしまい、売却すると損がでてしまうため売却ができずに長期保有してしまうことです。
塩付け株を作ってしまうと、資金が眠ってしまうので欲しい株があっても買えない悪い状態になってしまします。一般に、塩付けかぶを作らないためにはルールを決めた「損切り」が有効だといわれています。

関連語:損切り(そんきり)=株価が買値をした回ったら含み損が大きくならないうちに売却してしまうことです。ロスカットともいいます。

◆時価総額(じかそうがく)

「株の時価×その会社が発行している株式の総数」をいいます。時価総額の大きい株に比べて小さい株の方が値動きが変動が大きい傾向にあります。ある市場に上場されている会社全体の時価総額を合計してその市場の規模を示すのに使うこともあります。

◆下放たれ(したっぱなれ)

一定の幅で上下に変動していた株(もみ合っていた株)が大きく下落することをいいます。
「三角保ち合い後の下放たれ」などといいます。

◆下値支持線

株価が上昇基調にあるときに、これを下回らないだろうと思われるライン。株価変動の谷と谷を結んだ線や移動平均線が下値支持線になったりします。

反対語:上値抵抗線(うわねていこうせん)=株価が下降基調にあるときに、これ以上上がらないだろうと思われるライン。

◆仕手(して)

大きな資金を動かして、自分たちの思惑通りに株価を動かそうとする投資家のことをいいます。

◆仕手株(してかぶ)

会社の業績などの材料に関係なく、仕手などの大きな資金力がある投資家の売買によって株価が変動する銘柄をいいます。小型株が対象にされやすいです。

◆主力株(しゅりょくかぶ)

市場に出回っている株数が多くく、人気もあり、市場全体の方向をきめていくような名の知れた株をいいます。

◆順張り(じゅんばり)

相場の流れに逆らわず、上昇しているときには買い、下降しているときは売る手法のことをいいます。

反対語:逆張り(ぎゃくばり)=順張りの反対の手法です。

◆証券保管振替機構(しょうけんほかんふりかえきこう)

有価証券の保管や売買を行ったときの証券の受け渡しを合理化するために法律に基づきつくられた機構です。株式取引をしている人の大半がこの制度を利用しています。

◆信用取引(しんようとりひき)

証券会社に一定割合の証拠金を預けて、買い付け資金を借りて株を買ったり、株を借りて売ったりすることをいいます。一般に、証拠金の3倍くらいの取引ができますので、元手に比べて大きな売買損益が発生します。リスクが大きく初心者にはお勧めできない取引形態です。

2006年07月14日 13:22