株式投資 用語集

スポンサードリンク

◆追証(おいしょう)

正式には追加証拠金といいます。信用取引を行う場合、それに先立って証券会社に証拠金を預けますが、買った株価が下落した時に追加で預けなければいけない証拠金のことです。
株初心者は追証が発生する可能性がある信用取引は行わないほうが無難です。

◆大型株(おおがたかぶ)

発行されている株数が大きく、また時価総額(発行済み株数×1株の時価)が大きい銘柄をいいます。

◆大相場(おおそうば)

過去の上昇相場の期間に比べ長期にわたり上昇相場が続くことです。

◆大底(おおぞこ)

株価が下落して、これ以上は下がらないと思われる安値になったところをいいます。

◆大台(おおだい)

株価が上昇し、桁が1つ上がった場合に使われる表現です。900円台だった株が1,000円を超えると1,000円の大台に乗せたといいます。

◆大引け(おおびけ)

取引所における一日の最後の取引をいいます。

関連語:前引け・・・前場(午前中)の最後の取引

◆押し目(おしめ)

上昇相場にある株が一時的に下がったとき使う表現です。この時に再度上昇に転じることを期待して買うことを「押し目買い」といいます。

◆織り込む(おりこむ)

株価に影響を与える良い材料、悪い材料を株価が反応することをいいます。会社等が材料を発表したにもかかわらず株価が反応しない場合は、すでに「織り込み済み」といいます。

◆終値(おわりね)

一日の最後についた株価をいいます。

反対語:始値(はじめね)

2006年07月14日 13:13