ネット株式投資初心者の  ネット証券会社えらび方ガイド

IPO株 (新規公開株) 買うならココ

スポンサードリンク

IPO株をねらうなら、
当選確率の高いネット証券を選び、複数のネット証券から申し込むことが欠かせません


◆ IPO株ってなあに?  というかたへおススメのページ!  ◆

           IPO株ってなあに           ←おススメ!!  

           ブックビルディングってなあに?    ←おススメ!!


IPO(新規公開)株については ココ↑↑のページで 

株ネコが絵つきで詳しくお話しています。

IPO株についてよくわからないなぁ〜という株初心者の方は ぜひご参考にしてください!


◆ IPO株ねらいの株初心者におすすめのネット証券 ◆

抽選に勝つためには たくさんのネット証券から申し込み 確率をあげることです。

IPO株 に強いネット証券をえらびましょう。

口座開設はこちらから
詳細
扱数
主幹
おすすめの ワケ

エイチ・エス証券
詳細
IPO主幹事実績が 常にネット証券トップクラス
カブドットコム証券
詳細
三菱UFJ証券が引き受ける全てのIPO株に
 申し込み可能
 (三菱UFJグループなので)
・1人に1権利 コンピュータによる公平な抽選
マネックス証券
詳細
・IPO株取り扱い数 ネット証券トップクラス
・1人に1権利 コンピュータによる公平な抽選
★  松井証券 
詳細
-
申し込み期日が遅いため
 他社で落選してからの再申し込みが可能!

・ブックビルディングに参加しなくても申し込み可能
 (参加したほうが当選確率は高い)
・抽選にはずれると 「お詫び料」がもらえる
・1人に1権利 コンピュータによる公平な抽選
楽天証券
詳細
・手数料支払い実績・預かり資産・IPO申し込み
 実績に応じて当選確率がアップ

SBI証券
詳細
・IPO株の取り扱い数 ネット証券トップクラス
・申し込み株数に比例した抽選方法なので
 投資資金が多いほど有利
はずれた回数に応じてIPOチャレンジポイント加算


◆ 口座をたくさんつくって 当選確率アップ ◆


証券会社の口座の数だけ 抽選に参加する権利が手に入ります。

力を入れているひとは とってもたくさんのネット証券に口座開設し 

IPO株の当選確率をあげる努力をしています。


◆ 口座をたくさんつくる もうひとつの大事なワケ ◆


IPO株は 会社ごとに 取り扱うネット証券がちがいます

○○株式会社のIPO株は A証券、B証券、C証券、D証券で買えても

××株式会社のIPO株が買えるのは A証券、Y証券、Z証券 だったりします

おすすめのネット証券 8社に口座を作ったとしても 

8社全てから申し込めるわけではありません


また 申し込むなら 割り当て数の多い主幹事をつとめるネット証券からにするのが

有利ですが どこが主幹事証券なのかわかってから口座を作ったのでは遅すぎます。

ネット証券に口座ができていなければ ブックビルディングに申し込むこともできません。

申し込みに間に合わないのではお話になりませんね。


あらかじめ たくさんのネット証券に口座を作っておくのには 

チャンスを逃さないための こんな大事なワケがあるのです 


◆ IPO株 で抽選に当たるためのネット証券会社えらびのコツ ◆


◆ IPO株取り扱い実績の多いネット証券を選びましょう。

証券会社によって 過去のIPO株取り扱いの実績がちがいます。

過去の実績が多いということは IPO株取り扱いに積極的で 今後にも期待できます。


◆ 中でも、主幹事の実績 が多いネット証券が有利です

ネット証券では少ないのですが、主幹事をつとめる証券会社には

他社よりずっと多くのIPO株が割り当てられますので 当選確率が高くなります


◆ 複数の証券会社への口座開設は IPO株ねらいでは必須です。

証券会社ごとに応募する権利が発生しますので、

多くのネット証券に口座開設し たくさん申し込みをすることで当選確率をあげます。 

無料ですし 当選確率アップのためにはめんどうがらずに口座開設しましょう。


◆ ご注意 ◆


◆ ネット証券会社によって投資資金の入金タイミングがちがいますのでご注意ください。

◆ ネット証券は 資金の少ない株初心者でも公平に抽選してくれるところが多く 

   当選したIPO株を いざ売る時の手数料もだんぜん安いからです。 

 (窓口扱いの老舗証券会社のほうがIPO株の取り扱い数は多いのですが 実際は
  株式投資資金の多いお金持ち優先で配分されます。)


2006年09月16日 00:52