Q&A 株ってなあに?

株を買うと株券が送られてくるの?(ほふり と タンス株券)

スポンサードリンク

現在のルールでは 株券の保管方法は 3つの中から選びます。
法律がかわり2009年6月で 株券はなくなってしまうことになりました!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

+  上場会社の株券をなくし電子化 (コンピュータ管理) する法律が成立

+  なくしたり盗まれてしまう危険をなくしたり 株取引を素早くする事がねらいです
+                                                    

+  今も 株券を手もとにおいて自分で保管する人は少ないのですが
+  法律ができたことで すべての株がコンピューター上で管理されることになります

+  2009年6月までに 電子化 が実施されますので 
+  近い将来日本から株券というものはなくなってしまいます (ペーパーレス化)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


◆◆ 3つの方法から選ぶ ◆◆

 
現在のルールでは 買った株の株券の保管法は 次の3つのどれかから選びます

@ 保護預かり ・・・ 自分の名義に書き換えられた株券を 証券会社に預かってもらう
              保護預かり口座を作る事になり 口座管理料がかかります
              株を売買するたびに名義書き換えの手続きが必要で 
              名義書き換え手数料がかかります
              ネット証券では ほとんどが無料にしていますが なかには
              有料のところがありますので確認しましょう
              
A ほふり   ・・・  口座開設の時ほふり扱いを指定します ほふりに預けることで
              株券の名義は ほふり になります   ただし
              「実質株主名簿」 にはあなたの名前が記載され 
              会社はあなたを株主として認めます 
              配当金や株主優待は「実質株主名簿」をみてあなたに送られます

B 自分で保管 ・・・ 自分の名義に書き換えてもらった株券を自分で保管します
              タンス株券といいますが おすすめできません
              火災 盗難 紛失などの心配があります
             

◆◆ 保護預かりほふり どっちがいいの? ◆◆

だんぜん ほふりがおすすめです

株を買うと株券を受け取ることになりますが 多くの人は実際に株券を手にすることはなく

保護預かり にして証券会社に預けたり

証券会社経由で 「ほふり (証券保管振替機構)」 というところに預けます

預けるといっても 口座開設のときに証券会社に依頼するだけですので簡単です


「ほふり」 に預けることで 売買のたびにしなくてはいけない名義書き換えなどの

面倒な手続きを かわりにやってくれるのでらくちんです

ほふりに預けるのに手数料はかかりません すべて無料です

ほふりに預けると手続き上 株券の名義はほふり名義となりますが 「実質株主名簿」

というところにあなたの名前が記載され 会社はあなたを株主として認めます 

配当金や株主優待は「実質株主名簿」をみてあなたに送られますので問題ありません

また株券の 紛失や盗難の危険もなくなります

株券の保管ばかりでなく 売買のたびの名義書き換え手続きまで

迅速に 全て無料でひきうけてくれるのですから 文句なしの おすすめです


◆◆ タンス株券 ◆◆

なんらかの理由で手元に株券をおいている人たちがいて

2006年3月時点で 180億株もの株券がでまわっているそうです 

手もとにおいている株券を タンス株券とよびますが

このタンス株券
 
2009年6月までに名義書き換えができていない場合は 

登録されず 権利を失ってしまいます


  なんと!ただの紙きれになってしまうのだそうです! 


おじいちゃん おばあちゃんなどが おうちに株券を持っていたら 教えてあげましょうね


◆ 親からの相続で手にして保管していたけれど どうしていいかわからない

という人が多いそうです

また 都心より地方の山村などに多く保管されているのでは ということです

証券会社は顧客獲得のチャンス と考えており 

郵送のためのキットを 送ってきてくれたりもしますので

早めに問い合わせをすることをおすすめします


2006年07月16日 21:21