Q&A 株初心者の株式投資

株式チャートのサインだけ で売買してもいい?

スポンサードリンク

めんどうでも 会社の業績や、株式市場全体の様子をチェックしましょう

短期投資では チャートサインだけを見て株式投資する というやり方も

あると思いますが、ネット株初心者はやめましょう   大局を見てください


たしかに チャートパターンで株価上昇のサインを見つけ、うまく波に乗れれば

短期間に大きな利益を得ることができます

めんどうな計算や分析をしなくてよいテクニカル分析は ある意味お手軽ですが

これだけに頼ると大けがをしかねません  

まずは大局に目をむけることが重要だということを忘れないでください

株式市場全体の動きや 企業の業績を見ることも忘れてはいけません、ということです


◆ だまし にあいやすい

チャートで株価上昇のサインがでても 

逆に株価が下がってしまったり、いったん上がったものの下降に転じてしまったり

という期待はずれな動きをすることがあります

こういう現象を だまし と呼びます

べつに誰かがだましているという意味ではなく 結果としてだめだった場合にこういいます

やみくもにチャートの株価上昇サインに飛びつくと このだましにあう確率が高くなります


◆ だまし にあわないために

年中だましにあっていたのでは 損切りばかりで利益は出ません

損切りがうまくできなければ塩漬け株だらけになって身動きがとれなくなってしまいます

では、だましにあわないために どうすればよいか考えてみましょう


@ 株式相場の良い時をねらう

サインがだましに終わる確率は株式相場の良し悪しに大きく左右されます

相場が良いときは投資家誰もが強気ですから 

ちょっとの好材料でも株はどんどん買われ 株価は期待通りに上昇することが多いです

逆に相場が悪いときは 投資家たちは慎重になり弱気になるため

ちょっとの事でも株は売られやすくなって

期待はずれの だまし に終わる確率がぐんとあがります


A ファンダメンタルズが良好であることが前提です

業績が悪い会社は チャートサインがだましに終わることが多くなります

株式市場では数千社が株式上場しているのですから

なにもわざわざ業績の悪い会社を選ぶことはありません 

株式投資の初心者は 業績の良くない会社は投資対象からはずすのが賢明です


◆ だまし から身を守るために 

自動売買できるネット証券で損切りを設定しておきましょう→ おすすめのネット証券

2007年07月23日 18:46