Q&A 株初心者の株式投資

踏み上げ相場 ってなあに?

スポンサードリンク

信用売りの人が損切りの買いをいれることで株価が上がる事を踏み上げ相場と言います      

◆◆ 踏み上げ相場 ってなんのこと? ◆◆


踏み上げ相場について理解するには まず信用取引について知っておきましょう

株式投資の信用取引では

この先 株価が下がるだろうと予測した場合 その銘柄で利益をとる方法があります

信用売り」 とか 「カラ売り」 といわれる方法です
  
どういうことかというと・・・


まず、信用取引で証券会社から株を借りて その株を売ります

売り注文から株取引をはじめるのです 

次に、株価が下がったところで 今度は株を買い戻して 証券会社に借りた株を返します

こうすることで 通常の株取引とは順番は逆ですが

結果 株を買った値段と売った値段の差額が 利益になるのです


「へぇ〜 便利だね」 と思いますが 大きく分けて2つの注意点があります

 @ 株を借りるためには 証券会社にお金を支払わなくてはいけません
 A 株を借りるときは 6ヶ月の期限がある場合があります

細かい説明は省きますが ココが 踏み上げ相場を作り出すポイントになります


もし 株が下がると思って この「信用のカラ売り」 をしたのに株価があがってしまったら

損失が出ることになりますから 買戻し(損切りの買い)をすることになります

信用取引の場合、手持ちのお金の3倍までの金額で株取引をすることができますので

損をするときもその倍率で損失がふくらみます

ですから信用取引をしている場合 株価が予想に反した動きをすれば 

この買い戻しは 通常の株取引(現物取引)よりも敏感に反応します

「少しでも利益を多く残したい」 と利益確定するとか 

「損失を小さく抑えたい」 と 損切りを急ごうと考えるのは当然です


信用の売り残が大きくふくらんでいる銘柄ほど買戻しの力は大きくなりますし

6ヶ月の返済期限が迫っている場合はなおさらです

この損切りのための買い戻しによって 株価が上がりだすと

投資家はますます敏感に反応し 株価の上昇に拍車がかかります


このように、

空売りをしている人が株価上昇に耐えられずに買い戻すことを踏み上げということがあり

この、空売りの買戻しを原動力とした上昇相場を踏み上げ相場といいます


◆◆ ご参考 ◆◆


○下がり続けていた株が 急反発する(踏み上げ相場を作る)きっかけには

 「思わぬ好材料が出た」 「信用期日(6ヶ月)が迫っている」 などが考えられます

○踏み上げ相場で 信用買いが増えれば 

 今度は売り圧力となり 株価が下がりますので注意が必要です

 踏み上げ相場で株価が上がったあとに 今度は株価が大きく下げることがあります


なお、信用取引については 以下のページでもご説明していますので 
ネット株式投資初心者の方は ご参考にしてくださいね

  信用取引 〜株初心者のやってはいけない

  信用取引 はこわいだけ? 上手な使い方はないの?

  信用残 〜株価を動かすもの

2007年04月06日 11:17