Q&A 株初心者の株式投資

I P O 株 ってなあに?

スポンサードリンク

「抽選で当たった株を 何も考えずに初日の朝一番に売る」  これだけで株価○倍なら 初心者も簡単に株で資産をふやせそう。当選確率を上げてチャンスを手にしましょう!

             IPO株に有利なネット証券一覧  (←ジャンプします)

※ご注意!   以下のデータは 2005年1月〜2006年8月のものです 

おいしい IPO株
株初心者の株式投資入門ガイド 株ネコネット ライン
新しく上場が決まった会社の株が上場前に手に入るよ。 今、 IPO株は大人気なんだ

「抽選で当たった株を 何も考えず初日の朝一番 に売る」   これだけで株価○倍なら
 初心者も簡単に株で資産をふやせそう!  
株初心者の株式投資入門ガイド 株ネコネット ライン

 ※ IPO株は好調とはいえ株式投資ですので リスクがあることは忘れずに!


◆◆ IPO株 ってなあに? ◆◆ 

新規公開(上場)株 のことです

新しく株式市場に上場が決まり 公開される会社の株です   

上場が決まった会社の株を 株式市場で公開される前に 抽選等で希望者に分けます

株式上場すると 証券会社での通常の株取引で 誰でも普通に株を売買できるようになる

のですが 市場に公開される前に ひと足早く株を買うことができるのです

かなりの高確率で 大きな利益を得られるため IPO株の抽選は人気を集めています


ブックビルディング(需要予測方式) という方法でIPO株の株価が決まります

ブックビルディングへの応募は証券会社ごとに行われ

株式投資初心者でも ネット証券に口座開設してあれば参加できます

このときに決まった株価を 公開(公募)価格といいます  

上場初日 一番初めについた株価を 初値 (はつね)といいます


◆◆ IPO株 人気のワケ ◆◆

抽選に当たりさえすれば 多くの場合利益を出せるので 人気が集まっています

IPO(新規公開)株の多くで公開(募)価格を上回る初値がついています (2006.8データ)


◆ スゴイ!  IPO株の実績 ◆


★こんな高確率 (95%以上 ) で 初値が公開価格より高かったんです ↓ 

   2005年の新規公開株         158社 のうち 155社
   
   2006年の新規公開株(8月まで)  112社 のうち 109社
 
   (どちらも 初値が公開(公募)価格を下回ったのはたった3社でした)


★騰落率 (公開価格との初値との 株価のちがい) もすごいです ↓

   なんと! 平均で200パーセントをこえています


〜どういうことかというと

上場初日の朝一番に成行注文で株が売れたとすると 大半は利益がとれたということです 


  『 IPO株では 抽選に当たりさえすれば ほとんどの場合に 

  買った株を、 平均して2倍の株価で売ることができていた 』 という事です

    
また 今後の成長が皆から期待されるような

人気のI P Oでは公開(公募)価格の 2倍どころか 数倍 の初値がつくこともあります


IPO株の人気のワケはココにあるのです


◆◆ 当選確率を 10倍 にする ◆◆

◆ IPO株 の抽選申し込みは証券会社ごとに行われます

証券会社に配分された株を それぞれの証券会社のお客さんに抽選等で配分します

ネット証券では通常 配分されたIPO株の全て(100%)が抽選に当てられています  

(店頭取引の証券会社では 株式投資用にお金をたくさん預けている人たちを優先する
 など 証券会社によって何パーセントを抽選にするかは違いましたが

 2006年7月 個人投資家への配分の10%は抽選にするよう義務付けられました)

ネット証券は投資額が少ない株式投資初心者にも 公平な証券会社ということです


◆ 買いたい人は ブックビルディングに参加し 抽選にエントリーしましょう

人気が高く なかなか当らないのが実情です   けれど 裏をかえせば

抽選に当たりさえすれば ネット株式投資初心者でも 利益を得やすいということです

IPO株は 口座さえ作ってあれば 無料 で応募できます 

応募しなければ当りません  大人気といっても宝くじと比べたら当選確率は相当高いです 

ネット株式投資初心者も積極的に参加しましょう

ブックビルディングに参加するためには まず 口座開設が必要です


◆ 証券会社ごとの抽選ですので ネット証券10社から申し込めば 

当選確率は10倍になります     口座を開設しましょう!
  

     IPO株に有利なネット証券 はこちらです


また 幹事証券会社が取りまとめ役となりますが 主幹事証券会社には多くの株が

割り当てられますので IPO株の当選確率は高くなります

IPO株

◆◆ 気をつけなくてはいけないこと ◆◆

◆ 新規上場直後の株は とにかく値動きが激しいです

株価が乱高下することが多い ということを初心者はくれぐれも忘れずにいてください

株価がどんどん競りあがり 初値は公募価格を上回っても 

初値がついたとたんに利益確定のため株が売られ 

あっというまに 大きく値下げしてしまうこともあります

逆に 朝一番(寄り付き)で売ってしまったらその後急騰 ということもあります

ネット株式投資初心者に限らず ちょっとした覚悟はしておかなくてはいけません


◆ そうは言っても 

せっかく高倍率の抽選に当ったのなら しっかりと利益を手にしたいですよね
  
結局 株式投資初心者に株価の動きをよむことはできないので 

「95%超が初値超え & 平均2倍」 が続いているのであれば

その IPO株の恩恵をうけるためには

株式投資初心者は 初値で売るのが安心ということになりそうです


◆ IPO株は新興市場に多いこともあり 市場の様子も把握しておきたいです

新興市場が好調なら 株価は上がりやすいですが 逆もあります

また 新興企業では これから成長していくための資金調達が目的ですから 

もともと不安定な場合も多い ということも忘れてはいけません

期待だけで 大きく買われた銘柄は 反動で大きく下げることもあるのです


◆ 証券会社ならどこでも同じように買えるわけではありません

銘柄によって扱わない証券会社もあります あらかじめ確認しましょう

口座を開設するとブックビルディングのお知らせがもらえたりして 初心者には便利です


◆ IPO株の購入資金を入金するタイミングは ネット証券によってちがいますので

注意が必要です (ブックビルディングの申し込みと同時というところもあります)

  
◆ 投資詐欺に気をつけましょう

ネット証券のブックビルディング応募からはじめれば 安全です

投資詐欺から身を守るには 電話や訪問 郵便などによる勧誘には乗らないことです


◆ 好調のIPO株も 必ず利益が出せるというわけではありません

他の株式投資同様に リスクへの警戒は忘れずにいてください

銘柄によっては 初値が公開価格を割り込むこともありますし

IPO株全体も 今のような堅調さがいつまで続くかはわかりませんので

株式投資初心者のみなさんも 常に 注意は必要です

初値が公募価格を下回ることが多くなるなど  IPO株 への人気が落ちてきたら 

ネット株式投資初心者は 様子見にまわったほうが良いかもしれません


◆ IPO株に有利なネット証券 はこちらです
 
◆ ブックビルディングについては こちら でご説明しています

2006年09月16日 01:00