株初心者の やってはいけない

損切りしない・損切りできない

スポンサードリンク

株式投資では、損失を小さくおさえるために 損切りは重要です

◆ 損切りは しよう ◆  


「損切りはするな! 株価が下がったら買い増しだ!」  という人がいますが

私にはネット株式投資の初心者にすすめることはできません  損切りはしましょう


株式投資の方法は 千差万別です

「どんな投資法であれ、利益を出している成功者のやり方が正しい」 のです 
 
たしかに 損切りせずにナンピン買いをして利益を出し続けている人もいると思います
 

きっと、銘柄選択がとても上手で、売買タイミングもよくわかっているはずです

もっといえば 経済に非常に詳しく、投資資金にも余裕があるのでは? と思います


ナンピン買い (株が下がったとき損切りせずに買い増すこと)では、

銘柄選び ・ 売買タイミングのどちらかを間違えれば致命的ダメージを受けます

株式投資の知識も経験も少ない ネット株初心者がまねをするのはとても危険です


安く買って高く売る これが株式投資で利益を得るための基本です

上がると思って買った株が 予想に反して下がりだし

自分がヨシと思える許容範囲を超えて下がるようなら、持ち続ける意味がありません

株初心者は早めに見切りをつけ、きっぱりと損切りしてしまうのが得策だと思います


すぐに戻るかもしれない・・・ もったいない・・・ 悔しい・・・ 

・・・そんな気持ちは断ち切り、損切りして、新たな気持ちで仕切り直しをしましょう

そのままにして、傷を大きくしないですんで良かった と思うことです

失敗を悔やむより、もっと有望な株に乗り換え、前向きに責めていきましょう


多くのネット株初心者が、下がった株の損切りができずに損失を拡大させ、コツコツ

積み上げてきた利益を たった一つの大負けで失っているのではないでしょうか


とはいえ、損切りは大事とわかっていてもなかなかできないのが人情(?)

損切り、これは手ごわい!   と感じたら 

自動で損切りしてくれるネット証券会社を活用すれば株式投資の初心者でも安心です


◆ 下がる株を買ってしまうのは 当たり前   〜失敗ではありません ◆


株式投資で全勝しようなんて思ってはいけません  どんなプロでも全勝は不可能です

最終結果として利益を出せばよいのですから、ひとつの結果にこだわらないことです


 @ 勝率を上げる       (銘柄選択・タイミング の勉強をする)

 A 損失を小さくおさえる  (感情を交えず、機械的な損切りをする)

 B 利益は伸ばす       (利益確定はあわてない)


この3つを実践すれば 自然と利益がついてくるはずです


◆ たとえばこういうこと ◆  (注:例で使う数字はわかりやすくするためのものです)


100万円で買える株を 10社買ったとします

勝率は40% ・ △5%で損切り ・ +10%で利益確定    としましょう 


4社から +10%ずつ利益がとれるのだから   4社×10万円=+40万円

負けの6社で -5%の損失が出ても        6社×5万円=−30万円

トータルで考えれば プラス10万円 となるわけです


この例の場合は 10社のうち6社の株が下がっても 利益を得られるということです


ここでちょっと考えてみましょう

・ 損切りをためらい全ての損切りが -7%になってしまったら?   トータルは−2万円

・ 3つは−5%で損切りできたが 3つは−10%で損切りなら?   トータルは−5万円

・ 5つを−5%で損切りできても1つが−30%で損切りなら? トータルは-15万円


きっぱり損切りすることが 大切だという意味をおわかりいただけたでしょうか

特に 3つめのダメージの大きさに注目してください 

−5 %のはずが損切りできずに結局−30% ・・・これが大きな痛手になります

ネット株初心者がやりがちな失敗ですから 気をつけてください


◆ 銘柄選びに力を注ごう!  勝率を上げれば 損切りの回数が減らせます ◆


銘柄選びが上手にできれば損切りでなやむ回数をへらせます

勝率が上がれば 当然利益もふえます 

銘柄選びはとても重要ですので 努力を惜しまず勉強をしましょう

まちがっても 雑誌の推奨銘柄をただなんとなく買う なんてことはやめてください


自分では出来る自信がない やりたいけど時間がない

という株初心者の方は 有料のツールを利用するのも賢いです

2007年07月10日 00:01