株初心者の やってはいけない

インサイダー取引

スポンサードリンク

証券取引法という法律で 禁止されている行為です  

◆◆ インサイダー取引とは? ◆◆

会社の役員や 大株主など 会社の内部事情を知ることができる立場の人が 

その立場にあることで得た情報を利用して 株取引することです

たとえ利益を得なくても その行為を行ったことが 処罰の対象となります

インサイダー取引

◆◆ どうしてだめなの? ◆◆

このような株取引は 不公平であり 一般投資家を不利な立場にさせてしまいます

投資家保護 と 株式市場を健全に保つために 法律で禁止されています


軽く考えてはいけません 

もしインサイダー取引の処罰がとても軽く 多くの違反者が出てしまうようなことになれば 

世界中の投資家から 日本の株式市場の信頼を失うことになりかねません

もしも海外の株式投資家に背を向けられたら 日本の株式市場にとっては一大事です   

インサイダー取引は重い罪です   株式投資初心者も知っておかなくてはいけません


◆◆ 重罪です ◆◆

インサイダー取引は個人でも  3年以下の懲役  または  300万円以下の罰金です

(法人の場合は 3億円以下)

また 自分が買うとインサイダー取引になるからと 他の人に買ってもらうことを

「名義貸し」 といい これも禁止されています   株式投資初心者も注意が必要ですね


法律ですから 株式投資初心者だからとか 知らなかった で許してはもらえません


◆◆ ネット証券の口座開設のとき必ず聞かれます ◆◆

聞かれる といっても ネット証券の場合 文面でです

ネット株式投資初心者が口座開設するとき 入力(または記入)が必要です

上場会社に勤務しているか? とか   役職は? とかの質問ですが

ここは重要なのできちんと記入しましょう  家族なのに隠して株取引したりすれば 

インサイダー取引として処罰の対象になってしまいます


正直にありのままを書けば OK です

2006年09月15日 11:30